概要 

幼児児童生徒数通学区域学校の沿革

   幼児児童生徒数 

  令和3年5月1日現在 



幼稚部 小学部 中学部 高等部









1年




6



















普通科 保健理療科 専攻科理療科



 2



























0  0 0 1 0 1 1 1 0 1 2 6 1 0 1 1 3 1 1 3 5 0 1 1 1 1  1 3 9 19



2 0 0 0 0 2 2 1 0 1 3 9 1 0 0 1 2 2 4 2 8 0 1 2 3 3 2 8 18 30



0 0 0 0 0 0 0 2 0 1 1 4 2 0 2 2 6 1 1 4 6 0 2 2 0 0 1 1 9 19



2 0 0 1 0 2 2 3 0 1 4 13 3 0 2 3 8 3 5 6 14 0 3 4 3 3 3 9 27 49


   通学区域 

  令和3年5月1日現在
市町村 人数
岡崎市 21 0 9 5 7
豊田市 4 1 0 1 2
安城市 4 1 2 0 1
刈谷市 4 0 0 0 4
碧南市 2 0 0 0 2
高浜市 1 0 1 0 0
豊橋市 4 0 0 0 4
豊川市 1 0 1 0 0
新城市 1 0 0 0 1
幸田町 2 0 0 1 1
西尾市 3 0 0 0 3
田原市 1 0 0 0 1
 名古屋市 1 0 0 1 0
 

   学校の沿革

◆明治36年6月11日 盲人佐竹政次郎氏が岡崎町大字康生にて 、民家を借り受け、盲生3名・聾生3名で授業を開始する。

◆昭和22年4月1日  県に移管して愛知県岡崎盲唖学校と改称される。

◆昭和23年11月1日 盲聾児童の就学義務制が実施されるとともに、盲聾が分離して、愛知県立岡崎盲学校と改称される。


◆昭和24年1月27日 小学部、中学部、高等部本科・専攻科が設置される。

◆昭和26年3月 高等部に別科あん摩科が設置される。

◆昭和27年3月23日 岡崎市竜美西一丁目11-5の現在地へ移転される。

◆昭和48年4月1日 高等部に普通科・保健理療科が設置される。

◆昭和49年3月31日 高等部別科あん摩科が廃止される。

◆昭和49年4月1日  幼稚部・小学部特別学級が設置される。

◆昭和51年4月1日  高等部専攻科理療科(3年)が設置される。

◆昭和56年3月31日  愛知県立豊橋盲学校が廃止される。

◆昭和62年2月10日  愛知県教育委員会研究委嘱(交流教育)研究発表会を実施する。

◆平成10年4月1日 高等部普通科に重複障害学級が設置される。

◆平成12年4月1日 幼稚部に3歳児学級が設置される。

◆平成15年10月25日 創立100周年記念式典が挙行される。

◆平成25年11月1日 創立110周年記念・文化祭が開催される。


◆令和2年2月7日  愛知県教育委員会から学校安全優良校表彰をうける。

◆令和2年4月7日  新型コロナウイルス感染拡大防止のため、約2か月臨時休業となる。
 

 トップページに戻る  学校案内に戻る