地域の視覚障害児者への支援・相談 
 
こんな心配はありませんか? 支援・相談内容 お問合せ

   こんな心配はありませんか? 

・目の前でおもちゃを見せても、目で追ったり、つかもうとしたりしない。
・物にぶつかったり、つまずいたりすることが多い。
・本やテレビに、極端に目を近づけて見る。
・メガネをかけても、教科書や黒板や文字が見えにくい。
・初めての場所や、暗い場所で歩きにくい。
・見え方が悪く、生活や学習がしにくい。
・絵本やテレビに極端に目を近づけてみる。
・教科書や黒板の文字が見えにくい。
・見え方が悪くなって、生活や仕事に不自由を感じるようになった。
・病気や事故で視力を失ってしまった。

   支援・相談内容 

◆乳幼児教育相談
  対象 0歳から就学前までの視覚障害乳幼児と保護者
  内容 障害についての理解や家庭での養育方法等についての相談

◆定期教育相談 →詳しくはこちら
  対象 就学前の幼児、小・中学校の弱視学級に在籍する視覚障害のある児童生徒、保護者や先生
  内容 見え方の把握、見やすい教室環境や教材教具の工夫
     弱視レンズ、拡大読書器などの視覚補助具の活用
     必要に応じて、小・中学校への巡回相談 など

◆通級による指導 →詳しくはこちら
  対象 小・中学校の通常の学級に在籍する視覚障害のある児童生徒
  内容 見え方の把握、見やすい教室環境や教材教具の工夫
     弱視レンズ、拡大読書器などの視覚補助具の活用

◆入学相談
 入学希望者のための相談を随時行っています。中途視覚障害者に対しては、社会自立に向けての点字や歩行に関する情報提供も行っています。幼稚部や高等部への入学希望者には、入学者選考があります。詳しくは 入学案内 を御覧ください。

   お問合せ 

「見え方」について心配な方やお困りの方はお気軽に御連絡ください。
 
 ▼ その他
  ・相談は随時受け付けています。事前に連絡してください。
   (土日祝日は除く)
  ・相談は無料です。本校への入学は問いません。
  ・相談内容の秘密は厳守します。
連絡先
愛知県立岡崎盲学校(職員室)
     (0564)52−1282

     幼稚部・小学部担当   石黒 真里
     中学部担当       梅村 光治
     高等部担当       天野 泰利


 トップページに戻る